水の中にいると、意識がジーンと外に外へと広がっていくような気持ちになる。
意識が水に近いものとなって混ざり合う内に、肉体の輪郭が鮮明となって、外に出た意識と肉体とが対話するような形になる。
どうも、それ以外の時は並列とした思考が延々と続くようなので、主体となる意識が消えてしまっているのだと思う。

 

おーい、お前こんなところにいたのか。って。

 

水の中から私が呼んでいる気がするんです。

広告を非表示にする